WordPress(WP)

WP(WordPress)

WPではrobots.txtが自動生成されます

今回は、WordPressでサイトを構築した際に自動で生成される、
仮想robots.txtについての投稿です。

仮想robots.txtの生成

robots.txtとは?
ですが、
簡単に言えば、
検索ロボットが自分のサイトにクローリングしに来るのを制御するのに使用するファイルですね。

その為、使い方次第では、SEOにも関わってくる重要なファイルです。

それで、
WordPressでサイトを構築すると、robots.txtが自動で生成されます。
仮想robots.txtを作成するだけなので、リアルに「robots.txt」ファイルが作成される訳ではないですが。

試しに、
インストール後に、ブラウザから以下のURLにアクセスしてみて下さい。
http://sample.com/robots.txt

このような内容が表示されると思います。
User-agent: *
Disallow: /wp-admin/
Allow: /wp-admin/admin-ajax.php

これにより、
インデックスさせる必要のない「wp-admin」へ、
検索ロボットがクローリングしに来るのを防いでくれます。

そもそも「wp-admin」が検索エンジンに引っ掛かってしまうと大ごとなので、
助かりますね!!

ただ、注意しないといけないのが、
仮想robots.txtを生成してくれない場合がある点です。

それについては、
以下で具体的に説明します。

仮想robots.txtが作成されない

WordPressをインストールしても仮想robots.txtが作成されない場合には、
以下の2パターンが考えられます。

パーマリンクの設定がデフォルトのままになっている場合

「パーマリンク」の設定が、
デフォルトの「http://sample.com/?p=123」のままになっていると、
仮想robots.txtは生成されません。

デフォルトのままで運用されている方はいないと思いますが、
念の為に注意してください。

サブディレクトリでサイトを公開している場合

サブディレクトリにWordPressをインストールしてサイトを公開している場合、
仮想robots.txtは作成されません。

例えば、
私のこのブログは「engineer」というサブディレクトリで公開しているので、
仮想robots.txtが生成されません。

実際に、「http://sample.com/サブディレクトリ/robots.txt」にアクセスしても404になるだけです。

これは当たり前で、
元々、Googleはドキュメントルートに置いてあるrobots.txtを見に来ます。

なので、
サブディレクトリにrobots.txtを置いていても意味はありません。

必要な場合には、
手動でrobots.txtを作成してドキュメントルートにアップしましょう。

因みにですが、
サブディレクトリにインストールしていても、
公開先をドキュメントルートと同じにしている場合には、
問題なく自動で生成されます。

簡単にですが、仮想robots.txtについてまとめてみました。

それでは、最後にですが、
robots.txtの編集についてです。

一応、サイトマップのURLもrobots.txtに追加しておきましょう!
という話です。
↓↓

robots.txtにサイトマップを追加

robots.txtは下手に触ると問題が発生した時怖いです。
その為、私は原則修正を行いません。

ただし、サイトマップのURLは追加しておいてもいいと思います。

具体的には、
以下をファイルの一番下でいいので追記するだけです。
Sitemap: http://example.com/sitemap.xml

こうしておけば、検索エンジンにサイトマップの場所を伝えてくれるので、
クローリングがスムーズに行われるようになります。

簡単にですが、
ここまでrobots.txtについてまとめてみました。

ただ、私は普段、サイトマップの追加以外でrobots.txtをいじることはあまり無いので、
詳しくは説明できないですが、
SEOにも関係してきます。

興味のある方は、
多くの方がrobots.txtの書き方についても説明してくれているので、
一度検索してみて下さい。

弊社では、以下の方に向けて、WordPressの短期学習プログラムを
格安で提供しております。

  • 個人でWordPressを使ったサイト構築をお考えの方
  • 自社でホームページの構築・運用をお考えの方
  • 企業のWEB担当者の方

内容

基本的には、初心者の方を対象にした学習プログラムです。

※ WordPress制作の上級者の方の場合、弊社の学習プログラムはあまり役に立たないと考えています。

  • ・ WordPressのインストールからセッティングの方法
  • ・ WordPressのテーマ選びについて
  • ・ WordPressのプラグイン選びと設定方法について
  • ・ サーバの準備方法
  • ・ ドメインの取得・管理の方法
  • ・ FTPの設定方法
  • など

ご用意頂くもの

  • ・ ノートPC
    ※ 弊社はWindowsを業務で利用しておりますので、できればWindowsのPCをおすすめしています。
  • WordPressでサイトの制作を考えているが、何から始めればいいのか分からない。
  • ドメインやサーバはどうやって準備すればいいの?
  • そもそもホームページの公開には何が必要なの?

などなど、

どのような内容でも構いませんので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お客様の目的をお聞きした上で、最適の学習プランを提案致します。

ご興味のある方は、以下の内容を記載の上、一度お問い合わせ下さい。
こちらより、折り返しメールを致します。

  • ① お名前
  • ② 折り返し先のメールアドレス
  • ③ 希望の学習内容

関連記事

  1. WordPress(WP)

    WP(WordPress)

    WordPressにDB Cache Reloaded Fixをインストールしてみた

    「DB Cache Reloaded Fix」というプラグインを見つけ…

  2. WordPress(WP)

    WP(WordPress)

    WP リビジョンの無効化について

    WordPressには、リビジョンと呼ばれる記事のバックアップ機能…

  3. WordPress(WP)

    WP(WordPress)

    WP add_image_sizeでアイキャッチ画像のサイズを追加

    既に運用を開始してしばらく経つブログの仕様追加で、新着順に記事の一…

  4. WordPress(WP)

    WP(WordPress)

    「Images importer from URL」とかいうプラグイン

    もう何年も前にMTで組まれたブログをWPで組み直したいとご依頼を頂き、…

  5. WordPress(WP)

    WP(WordPress)

    WPのプラグイン「iPanorama 360」で360°パノラマ写真を公開

    360°パノラマ写真(全天球画像)の埋め込みを行えるWordPress…

  6. WordPress(WP)

    WP(WordPress)

    「WordPress JSON REST API」を使って、記事個別ページを作成

    個別記事のデータを取得した場合には、http://www.samp…

最近の記事

  1. WordPress(WP)
  2. 404 Not Found
  3. WordPress(WP)
  4. WordPress(WP)
  5. PHP
  6. PHP
  7. 風邪予防
  8. WordPress(WP)
  9. PHP
  10. 宅建
PAGE TOP