アンチWP

WP(WordPress)

WordPressは、特別、脆弱性が多いわけではないですよ。。。

ネット上でWordPressについて検索していると、アンチWordPressの人間は、一定数は存在します。

注目されいるものに関しては、人に対してであれ、物に対してであれ、何に対してであれ、
必ず、アンチと呼ばれる類の人間は出てきます。

そういった方々が書かれている記事も面白いのでよく読むのですが、
頑張ってWordPressの悪い点をまとめて記事にされたんだなと、ある意味感心します。

というか、普通は、嫌いなものにそこまでの労力は掛けれないと思うので、
本物のアンチというよりかは、
アクセス数を稼ぐために、敢えてアンチの立場に立って記事を書く人間も多いのではないかと思います。

でも、面白いので、
今までに目にしたことのある意見を、私なりの反論付きで簡単にまとめてみました。

因みに、
WordPressのデメリットと、その対策まで上げてられる、まっとうな記事も多いです。
そういった記事は、非常に参考になることが多いです。

脆弱性が多いので、WordPressを使わない方がい

WordPressは、セキュリティ面で良く指摘されます。

が、セキュリティ面に関しては、WordPressに限ったことではないです。

オリジナルであろうと、他のCMSツールであろうと、セキュリティホールなんて、つつけばいくらでも出てきますし、
対策を取っていなければ、簡単に被害を受けてしまいます。

大事なのは、
・常に最新版にバージョンアップする(自動更新を有効にしておく)
・管理画面へのアクセス元を制限して、社外からアクセス出来ないようにする(IPアドレスで制限)
・ログイン画面の認証機能を強化する(例えば、2段階認証を設定する)
・使用するプラグインを必要最低限にとどめる
 ※WordPress本体よりも、プラグインの脆弱性の方が多いです。
・パスワードを複雑にして、かつ、定期的に変更する
・その他諸々
など、
しっかりと対策を取っておくことです。

アクセス元の制限までとなると、社外でも作業される業者さんの場合には難しいですが、
少なくとも、ホームページからの集客メインで事業を行われている場合には、
サイトが機能しなくなると困るので、対応しておくべきです。

WordPressというのは、利用者がかなり多いです。
その為、WordPressを使ったサイトが攻撃を受ける確率も上がってきますし、
敢えてWordPressでの構築サイトのみを狙って攻撃を仕掛けてくる連中もいるので、
対策を取っておかなければ、直ぐに被害を受けてしまいます。

が、対策さえとっておけば、WordPress側が被害を受けることは、そうはありません。
内部犯行やサーバ側の脆弱性を突かれるとどうしようもないですが。。。

制作費用が高い

WordPressを使えば無料でホームページを作れると言われるけど、実査には、制作会社に依頼すれば、結構な金額になりますよ。
といった意見を目にしたこともあります。

当たり前です!と言いたいところですね。。。

勿論、サーバ代金やドメイン費用が掛かります。
その費用を含めると、そもそもホームページを無料で作れることはありません。

それに、制作会社に依頼すれば、それなりの費用が掛かることもあります。
ただ、これは、オリジナルで制作することにしか頭が回らない方々の意見です。

既存テーマを使う(カスタマイズも最小限にとどめる)方向に話を持って行ければ、費用はかなり抑えられます。

それに、WordPressの様な自社で更新を行えるようなシステムをオリジナルで作るとなると、
まっとうな開発会社に開発を依頼すれば、数百万円~数千万円は掛かります。

それを考えると、WordPressを利用することによる費用面でのメリットはかなり大きいです。

WordPressをすすめている記事のタイトル見出しに入っている「無料」というワードに踊らされなければ、
通王、無料でホームページを作れるなどと考える人間はいないと思います。

運用コストが掛かるのでおすすめできない

WordPressに限らず、運用コストは掛かります。

運用コストがどの程度かかるかは、
サイトの規模や制作者のレベル、運営者のレベルなどによって異なるので、一概には言えません。

が、運用コストを掛けたくなければ、WordPressで作っていようと、他のCMSで作っていようと、完全オリジナルで作っていようと、
サイト公開後は、放置する以外の選択肢はないです。
例え、公開している情報が古くなったり、不具合が発見されたとしてもです。

もしくは、AIがもっと賢くなって、サイトの運用まで自動でやってくれる日が来るまで、
待つしか無しです。

というか、運用コストの面でごちゃごちゃ言うようであれば、
そもそもWEBサイトの制作には関わるべきではありません。

学習コストが高い

「学習コストが高い」という意見も目にしたことがありますが、
はっきりと言って、WordPressの学習コストは、そこまで高くないです。

その為、プログラマーでなくても、学習さえすれば、誰でもすぐにWordPressを使ってサイトを構築できるようになりますし、
サイトの運営も行えるようになります。

WordPressでつまづくようであれば、サイトの構築や運営はあきらめた方がいいです。

最後に

セキュリティの面や運用コストなど突いて、ごちゃごちゃと難癖を付けたがる人間も一定数います。

が、いろいろと出すと、ほとんどのシステムで問題点は見つかります。

弊社では、以下の方に向けて、WordPressの短期学習プログラムを
格安(15,000円~)で提供しております。

  • 個人でWordPressを使ったサイト(個人ブログやアフィリエイトサイトなど)構築をお考えの方
  • WordPressを使って副業で稼ぎたい方
  • フリーランスでWordPressを使ったお仕事をお考えの方
  • 自社でホームページの構築・運用をお考えの方
  • 企業のWEB担当者の方

内容

基本的には、初心者の方を対象にした学習プログラムです。

※ WordPress制作の上級者の方の場合、弊社の学習プログラムはあまり役に立たないと考えています。

  • ・ WordPressのインストールからセッティングの方法
  • ・ WordPressのテーマ選びについて
  • ・ WordPressのプラグイン選びと設定方法について
  • ・ サーバの準備方法
  • ・ ドメインの取得・管理の方法
  • ・ FTPの設定方法
  • など

ご用意頂くもの

  • ・ ノートPC
    ※ 弊社はWindowsを業務で利用しておりますので、できればWindowsのPCをおすすめしています。
  • WordPressでサイトの制作を考えているが、何から始めればいいのか分からない。
  • ドメインやサーバはどうやって準備すればいいの?
  • そもそもホームページの公開には何が必要なの?

などなど、

どのような内容でも構いませんので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お客様の目的をお聞きした上で、最適の学習プランを提案致します。

ご興味のある方は、以下の内容を記載の上、一度お問い合わせ下さい。
こちらより、折り返しメールを致します。

  • ① お名前
  • ② 折り返し先のメールアドレス
  • ③ 希望の学習内容

関連記事

  1. WordPress(WP)

    WP(WordPress)

    ブログのサーバ移管

    WordPressで構築したサーバの移管先日、こちらの…

  2. WP(WordPress)

    Nginx+WordPressでブログを運営

    WordPressブログを構築本日は、WordPr…

  3. WordPress(WP)

    WP(WordPress)

    WordPressで英語対応

    WordPressを使って英語サイトを作成している時、困るのが日付…

  4. WordPress(WP)

    WP(WordPress)

    WP(WordPress) ビジュアルエディタが使えなくなった件が解決!!

    昨日WordPressのバージョンアップを行った際にビジュアルエディタ…

  5. WordPress(WP)

    WP(WordPress)

    【ページ削除時】ステータスコード410を返す方法

    WordPressを使ってサイトを構築する際、404.ph…

  6. WordPress(WP)

    WP(WordPress)

    PHP5.3.9からは「max_input_vars=1000」に注意を!!

    カスタムフィールドを大量に使用する必要があるWordPress案件に遭…

最近の記事

  1. レンタルサーバ
  2. コピペ(Copy and Paste)
  3. Check Copy Contents(CCC)
  4. WordPress(WP)
  5. セキュリティ
  6. セキュリティ
  7. THE THOR(ザ・トール)
  8. SONY α6400の本体
  9. THE THOR(ザ・トール)
  10. 短縮URL
PAGE TOP