バージョンアップ

WP(WordPress)

WordPress 5.0 'Bebo'

WordPress5.0へバージョンアップ

WordPress5.0がついに公開されました。
WordPress バージョンアップ

WordPressには、バージョンごとにコードネームを付けられているのですが、今回のコードネームは「Bebo」です。

YouTubeにも動画が投稿されていました。

 

で、WordPress5.0へのバージョンアップは様子見といきたかったのですが、
我慢できずに、今すぐ更新をクリックしてバージョンアップを実行です。
WordPress バージョンアップ開始

バージョンアップは数秒で完了します。

 

Gutenberg(グーテンベルク)

恐らくみなさんご損だと思いますが、
今回のバージョンアップで大きく変わるのは、投稿画面です。

今までは、WYSIWYGというエディタが採用されていましたが、
WordPress5.0からは、Gutenberg(グーテンベルク)という新しいエディタに変更されます。

Gutenbergの画面はこちらです。
新エディタ「Gutenberg」

Gutenbergはブロックエディタ(Block Editor)といい、記事をブロックという単位で作成していくようです。

今まで使用していたビジュアルエディタやテキストエディタとは大きく異なるので、
さすがに、これは戸惑う人も出てくるレベルです。

ですが、慣れればGutenbergの方が使い易いです。
また別の機会にGutenbergの使い方も紹介していきますが、積極的に使用して慣れていきましょう!

 

旧投稿画面に戻す

いきなり投稿画面が変わってしまうと、使いづらいという方もいらっしゃると思います。

というか、バージョンアップしてしまうと、確実に以前の投稿画面に戻して!というお客さんが出てきます。

お金を頂いて制作を請け負っている立場としては、「我慢してGutenbergを使って下さい!」とも言えないです。

そんな場合には、以前の投稿画面に戻すためのプラグインClassic Editorも用意されています。
クラシックエディタ「Classic Editor」

こいつをインストールすれば、以前の投稿画面に戻ります。

個人的には、積極的にGutenbergを使用していくことをおすすめしますが、
どうしても以前の方が良かったという方には、こちらのClassic Editorを入れてあげましょう。

 

WordPress5.0へバージョンアップによる影響

今回のバージョンアップで大きく変わるのは、事前に告知されていた通りに、
投稿画面が「Gutenberg」へ変更されることです。

取りあえず、さっと画面全体を触ってみましたが、見た目に大きく変わったのは、投稿画面のみでした。

細かいことを言えば、以前と比べてところどころ変更されていますが、気にならないレベルです。

あとは、既存のプラグインテーマショートコードへの影響が気になるところですね。

プラグインへの影響については、私がよく使っているプラグインに関しては問題なさそうです。

テーマについても、特に表示側でエラーで出ている個所はありませんでした。
※これは、使用するテーマに依るので、各自しっかりとチェックが必要です。

ショートコードの検証もこれからですが、Contact Form 7を利用している場合には、
バージョンアップ前に事前検証が必要ですね。

 

最後に

とうとう、WordPress5.0が公開されました。

私が初めてWordPressを触った当時、バージョンはまだ2.3くらいでした。
その当時は、今のようなCMSツールではなく、ただのブログソフトでした。

それから考えると、WordPressもかなり進化しました。
さらに、これからどのように変化していくのかも楽しみですね。

因みに、WordPressはまだまだ廃れることは無いと思います。
これからも、WordPressにはまだまだお世話になることになるので、
今のうちに「Gutenberg」の使い方にも慣れておくことをおすすめします。

弊社では、以下の方に向けて、WordPressの短期学習プログラムを
格安(15,000円~)で提供しております。

  • 個人でWordPressを使ったサイト(個人ブログやアフィリエイトサイトなど)構築をお考えの方
  • WordPressを使って副業で稼ぎたい方
  • フリーランスでWordPressを使ったお仕事をお考えの方
  • 自社でホームページの構築・運用をお考えの方
  • 企業のWEB担当者の方

内容

基本的には、初心者の方を対象にした学習プログラムです。

※ WordPress制作の上級者の方の場合、弊社の学習プログラムはあまり役に立たないと考えています。

  • ・ WordPressのインストールからセッティングの方法
  • ・ WordPressのテーマ選びについて
  • ・ WordPressのプラグイン選びと設定方法について
  • ・ サーバの準備方法
  • ・ ドメインの取得・管理の方法
  • ・ FTPの設定方法
  • など

ご用意頂くもの

  • ・ ノートPC
    ※ 弊社はWindowsを業務で利用しておりますので、できればWindowsのPCをおすすめしています。
  • WordPressでサイトの制作を考えているが、何から始めればいいのか分からない。
  • ドメインやサーバはどうやって準備すればいいの?
  • そもそもホームページの公開には何が必要なの?

などなど、

どのような内容でも構いませんので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お客様の目的をお聞きした上で、最適の学習プランを提案致します。

ご興味のある方は、以下の内容を記載の上、一度お問い合わせ下さい。
こちらより、折り返しメールを致します。

  • ① お名前
  • ② 折り返し先のメールアドレス
  • ③ 希望の学習内容

関連記事

  1. WordPress(WP)

    WP(WordPress)

    本当に必要、そのプラグイン「All In One SEO Pack」

    今回は、WordPressの超人気のプラグイン「All In …

  2. WordPress(WP)
  3. Apache

    WP(WordPress)

    DirectoryIndexに「index.php」を追加

    新しく構築したサーバにWPをインストールしたので、早速テスト投稿を…

  4. WordPress(WP)

    WP(WordPress)

    「ゆるゆるカフェ」に参加!!

    昨日、WordPressイベントに参加してきました。&nbsp…

  5. WordPress(WP)

    WP(WordPress)

    WPtouchで簡単スマホ対応のはずが!!

    WordPressで重宝しているプラグインの一つに、WPtouch…

  6. Check Copy Contents(CCC)

最近の記事

  1. レンタルサーバ
  2. コピペ(Copy and Paste)
  3. Check Copy Contents(CCC)
  4. WordPress(WP)
  5. セキュリティ
  6. セキュリティ
  7. THE THOR(ザ・トール)
  8. SONY α6400の本体
  9. THE THOR(ザ・トール)
  10. 短縮URL
PAGE TOP