SSL(HTTPS通信)

WP(WordPress)

WordPressサイトの常時SSL通信設定(HTTP通信設定)

WordPress構築サイトの常時SSL通信設定

WordPressで構築したサイトの常時SSL通信設定についてまとめました。

方法は、2通り、
.htaccessを利用する方法
プラグインを利用する方法
の2通りがあります。
※他にもありますが、今回は説明しません。

プラグインの数は極力減らしたいところです。
設定方法も簡単なので、出来れば、.htaccessで設定することをおすすめします。

一応、今回は、「.htaccessで設定する方法」と「プラグインで設定する方法」も、説明します。

.htaccessで設定する方法

.htaccessで設定する場合は、以下を追記するだけです。

<IfModule mod_rewrite.c>
#SSL通信設定
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

これで、設定したサイトにアクセスしてみて、
問題なくhttps://~へリダイレクトされれば、設定完了です。

 

プラグインで設定する方法

上記で説明したように、常時SSL通信の設定は.htaccessを利用されることをおすすめしますが、
プラグインでも簡単に設定できます。

おすすめのプラグインは、「Really Simple SSL」か「WP Force SSL」です。

今回は、「Really Simple SSL」のインストール方法だけ説明しておきます。


まず、プラグインのインストール画面で「Really Simple SSL」を検索します。
Really Simple SSLをインストール
Really Simple SSL」が出てきたら、「今すぐインストール」をクリックしてインストール後、有効化して下さい。



プラグインを有効化すると以下の画面が表示されるので、「はい、SSLを有効化します。」をクリックして有効化します。
Really Simple SSLを有効化

これで、SSL通信(HTTPS通信)の強制化が完了です。

Really Simple SSL」での設定方法は、以下のサイトでも詳しく説明されています。
[ Really Simple SSL ]

WP Force SSL」の設定については、以下で詳しく説明されています。
[ WP Force SSL ]

関連記事

  1. WordPress(WP)

    WP(WordPress)

    get_post_type()ではなく、get_query_var("post_type")を!!

    弊社では、WPを使ってサイトを構築する際には、よく「当社からの…

  2. WordPress(WP)

    WP(WordPress)

    Archives for a categoryというプラグイン

    ブログの右カラムに特定カテゴリの記事のみの新着一覧を表示させたくて、…

  3. WordPress(WP)

    WP(WordPress)

    【WP】PHPのバージョンアップでエラー

    運用中のWordPressで構築したサイトがあるのですが、かなり前…

  4. WP(WordPress)

    Nginx+WordPressでブログを運営

    WordPressブログを構築本日は、WordPr…

  5. WordPress(WP)

    WP(WordPress)

    WP ZIPファイルからプラグインをインストール

    ダウンロードしたZIP形式のファイルからプラグインをインストールしてみ…

  6. WordPress(WP)

最近の記事

  1. PHP
  2. PHP
  3. 風邪予防
  4. WordPress(WP)
  5. PHP
  6. 宅建
  7. アンチWP
  8. 日本語ドメイン
  9. WordPress(WP)
  10. SSL(HTTPS通信)
PAGE TOP