日本語ドメイン

サーバ

日本語ドメインのバーチャルホスト設定(サブホスト設定)

先日、日本語ドメインのバーチャルホスト(サブホスト)設定を行う機会があったので、
メモ書き程度に情報を残しておきます。

サーバは、さくらインターネットのVPS(CentOS7)です。

追加する日本語ドメインは、「日本語.com」、
サーバのIPアドレスは、「62.176.54.296」、
とします。
ドメイン名IPアドレスもダミーなので、ご自分の環境に変更して設定を行って下さい。

日本語ドメインをピュニコード(Punycode)へ変換

日本語ドメインの場合、そのままだといろいろと認識してくれないので、
まず、ピュニコードという形式に変換します。

ピュニコードへの変換は、以下のサイトで簡単に行えます。
[ 日本語ドメイン/Punycode変換 ]

「日本語.com」をピュニコードへ変換すると、「xn--wgv71a119e.com」となります。

次は、ユーザーの設定です

ユーザーを追加

■ユーザーを追加
# useradd nihongo ※今回は、仮に「nihongo」というユーザー名にしておきます。
■ユーザーにパスワードを設定
# passwd nihongo
→パスワードを設定します

■Webコンテンツ格納用のディレクトリを作成する
# mkdir -p /home/nihongo/www/html
# chown -R nihongo /home/nihongo/www/html
# chmod 755 /home/nihongo

■confファイルの編集
confファイルに以下を追記します。

<VirtualHost 62.176.54.296:80>
ServerName xn--wgv71a119e.com
ServerAlias www.xn--wgv71a119e.com
DocumentRoot /home/nihongo/www/html
CustomLog /var/log/httpd/access_log combined
ErrorLog /var/log/httpd/error_log
</VirtualHost>

■Apacheの設定を再度読み込みます。
# systemctl reload httpd

これで、ホストの設定は完了です。

あとは、
ドメインの管理元の画面からAレコードの設定を行って下さい。

以下の2レコードを追加して下さい。

62.176.54.296 xn--wgv71a119e.com
62.176.54.296 www.xn--wgv71a119e.com

※レコードの設定が浸透するまでは、しばらく時間が掛かります。

■アクセスチェック
レコードの設定が浸透したら、
ブラウザ上から、
http://日本語.com

http://www.日本語.com
へアクセスして、問題なく表示されていれば、設定は完了です。

SSL(Let's Encrypt)をインストール

次は、SSLの設定です。
SSL証明書は、無料のLet's Encryptを利用します。

※今回は、Certbotのインストールは完了しているという前提で説明します。
 まだ、Certbotをインストールしていない場合は、難しい作業ではないので、事前にインストールしておいて下さい。

# certbot-auto certonly --webroot --webroot-path /home/nihongo/www/html -d xn--wgv71a119e.com -d www.xn--wgv71a119e.com -m info@example.com

■confファイルの編集
confファイルに以下を追記します。

<VirtualHost 62.176.54.296:443>
ServerName xn--wgv71a119e.com
ServerAlias www.xn--wgv71a119e.com
DocumentRoot /home/nihongo/www/html
CustomLog /var/log/httpd/ssl_access_log combined
ErrorLog /var/log/httpd/ssl_error_log
SSLEngine on
SSLCertificateFile /etc/letsencrypt/live/xn--wgv71a119e.com-0002/cert.pem
SSLCertificateKeyFile /etc/letsencrypt/live/xn--wgv71a119e.com-0002/privkey.pem
SSLCertificateChainFile /etc/letsencrypt/live/xn--wgv71a119e.com-0002/chain.pem
</VirtualHost>

■Apacheの設定を再度読み込みます。
# systemctl reload httpd

これで、設定は完了です。

■アクセスチェック
ブラウザ上から、
https://日本語.com

https://www.日本語.com
へアクセスして、
問題なく表示されていれば、設定は完了です。

関連記事

  1. MySQL

    サーバ

    [CVE-2016-0639] MySQLの脆弱性

    利用しているサーバにインストールしているMySQLのバージョンに、…

  2. サーバ

    IPアドレスを追加しよ!!

    先日、さくらインターネットでIPアドレスを1個取得しました。&…

  3. KUSANAGI(草薙)

    サーバ

    【KUSANAGI】プロビジョニング

    前回の記事で初期設定まで完了したので、次はプロビジョニングを行い、…

  4. GoLand

    サーバ

    Nginx + Go言語でウェブアプリを作成

    Nginx(エンジンエックス) + Go言語(Golang)でウェブア…

  5. catch_Linux

    サーバ

    「local-host-names」でメールアドレス発行ホストを設定

    先日お客様からの依頼で、運営されている複数のサイトを1つのサーバに…

  6. SSL(HTTPS通信)

    サーバ

    CentOS7へLet’s Encryptをインストール

    Let's EncryptとはLet's Encryptとは、…

最近の記事

  1. PHP
  2. PHP
  3. 風邪予防
  4. WordPress(WP)
  5. PHP
  6. 宅建
  7. アンチWP
  8. 日本語ドメイン
  9. WordPress(WP)
  10. SSL(HTTPS通信)
PAGE TOP