日本語ドメイン

サーバ

日本語ドメインのバーチャルホスト設定(サブホスト設定)

先日、日本語ドメインのバーチャルホスト(サブホスト)設定を行う機会があったので、
メモ書き程度に情報を残しておきます。

サーバは、さくらインターネットのVPS(CentOS7)です。

追加する日本語ドメインは、「日本語.com」、
サーバのIPアドレスは、「62.176.54.296」、
とします。
ドメイン名IPアドレスもダミーなので、ご自分の環境に変更して設定を行って下さい。

日本語ドメインをピュニコード(Punycode)へ変換

日本語ドメインの場合、そのままだといろいろと認識してくれないので、
まず、ピュニコードという形式に変換します。

ピュニコードへの変換は、以下のサイトで簡単に行えます。
[ 日本語ドメイン/Punycode変換 ]

「日本語.com」をピュニコードへ変換すると、「xn--wgv71a119e.com」となります。

次は、ユーザーの設定です

ユーザーを追加

■ユーザーを追加
# useradd nihongo ※今回は、仮に「nihongo」というユーザー名にしておきます。
■ユーザーにパスワードを設定
# passwd nihongo
→パスワードを設定します

■Webコンテンツ格納用のディレクトリを作成する
# mkdir -p /home/nihongo/www/html
# chown -R nihongo /home/nihongo/www/html
# chmod 755 /home/nihongo

■confファイルの編集
confファイルに以下を追記します。

<VirtualHost 62.176.54.296:80>
ServerName xn--wgv71a119e.com
ServerAlias www.xn--wgv71a119e.com
DocumentRoot /home/nihongo/www/html
CustomLog /var/log/httpd/access_log combined
ErrorLog /var/log/httpd/error_log
</VirtualHost>

■Apacheの設定を再度読み込みます。
# systemctl reload httpd

これで、ホストの設定は完了です。

あとは、
ドメインの管理元の画面からAレコードの設定を行って下さい。

以下の2レコードを追加して下さい。

62.176.54.296 xn--wgv71a119e.com
62.176.54.296 www.xn--wgv71a119e.com

※レコードの設定が浸透するまでは、しばらく時間が掛かります。

■アクセスチェック
レコードの設定が浸透したら、
ブラウザ上から、
http://日本語.com

http://www.日本語.com
へアクセスして、問題なく表示されていれば、設定は完了です。

SSL(Let's Encrypt)をインストール

次は、SSLの設定です。
SSL証明書は、無料のLet's Encryptを利用します。

※今回は、Certbotのインストールは完了しているという前提で説明します。
 まだ、Certbotをインストールしていない場合は、難しい作業ではないので、事前にインストールしておいて下さい。

# certbot-auto certonly --webroot --webroot-path /home/nihongo/www/html -d xn--wgv71a119e.com -d www.xn--wgv71a119e.com -m info@example.com

■confファイルの編集
confファイルに以下を追記します。

<VirtualHost 62.176.54.296:443>
ServerName xn--wgv71a119e.com
ServerAlias www.xn--wgv71a119e.com
DocumentRoot /home/nihongo/www/html
CustomLog /var/log/httpd/ssl_access_log combined
ErrorLog /var/log/httpd/ssl_error_log
SSLEngine on
SSLCertificateFile /etc/letsencrypt/live/xn--wgv71a119e.com-0002/cert.pem
SSLCertificateKeyFile /etc/letsencrypt/live/xn--wgv71a119e.com-0002/privkey.pem
SSLCertificateChainFile /etc/letsencrypt/live/xn--wgv71a119e.com-0002/chain.pem
</VirtualHost>

■Apacheの設定を再度読み込みます。
# systemctl reload httpd

これで、設定は完了です。

■アクセスチェック
ブラウザ上から、
https://日本語.com

https://www.日本語.com
へアクセスして、
問題なく表示されていれば、設定は完了です。

弊社では、以下の方に向けて、WordPressの短期学習プログラムを
格安(15,000円~)で提供しております。

  • 個人でWordPressを使ったサイト(個人ブログやアフィリエイトサイトなど)構築をお考えの方
  • WordPressを使って副業で稼ぎたい方
  • フリーランスでWordPressを使ったお仕事をお考えの方
  • 自社でホームページの構築・運用をお考えの方
  • 企業のWEB担当者の方

内容

基本的には、初心者の方を対象にした学習プログラムです。

※ WordPress制作の上級者の方の場合、弊社の学習プログラムはあまり役に立たないと考えています。

  • ・ WordPressのインストールからセッティングの方法
  • ・ WordPressのテーマ選びについて
  • ・ WordPressのプラグイン選びと設定方法について
  • ・ サーバの準備方法
  • ・ ドメインの取得・管理の方法
  • ・ FTPの設定方法
  • など

ご用意頂くもの

  • ・ ノートPC
    ※ 弊社はWindowsを業務で利用しておりますので、できればWindowsのPCをおすすめしています。
  • WordPressでサイトの制作を考えているが、何から始めればいいのか分からない。
  • ドメインやサーバはどうやって準備すればいいの?
  • そもそもホームページの公開には何が必要なの?

などなど、

どのような内容でも構いませんので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お客様の目的をお聞きした上で、最適の学習プランを提案致します。

ご興味のある方は、以下の内容を記載の上、一度お問い合わせ下さい。
こちらより、折り返しメールを致します。

  • ① お名前
  • ② 折り返し先のメールアドレス
  • ③ 希望の学習内容

関連記事

  1. GoLand

    サーバ

    Nginx + Go言語でウェブアプリを作成

    Nginx(エンジンエックス) + Go言語(Golang)でウェブア…

  2. Apache

    サーバ

    Apache ホストの設定後のシンタックスチェック

    現在、弊社開発用のテストサーバには、Apache2.2系のWebサ…

  3. サーバ

    サーバのユーザーアカウントを変更!!

    先週から今週にかけは少し手が空いたので、久しぶりに弊社サーバの整理…

  4. Apache

    サーバ

    'ServerName' directive globally to suppress this m…

    Apacheを再起動しようとすると、AH00558: httpd:…

  5. MySQL

    サーバ

    phpMyAdminへのアクセスを拒否されました!!

    さくらインターネットで新しく借りたVPSサーバーに、MySQLの管…

  6. SSL(HTTPS通信)

    サーバ

    UbuntuへLet’s Encryptをインストール

    今回は、UbuntuサーバにLet's Encryptをインス…

最近の記事

  1. レンタルサーバ
  2. コピペ(Copy and Paste)
  3. Check Copy Contents(CCC)
  4. WordPress(WP)
  5. セキュリティ
  6. セキュリティ
  7. THE THOR(ザ・トール)
  8. SONY α6400の本体
  9. THE THOR(ザ・トール)
  10. 短縮URL
PAGE TOP