404 not found

その他もろもろ

【HTTPステータスコード】404と410について

HTTPステータスコード 404と410の違い

HTTPステータスコードの「404」と「410」について調べる機会があったので、
こちらのブログでその内容をまとめておきす。

まず、404410は以下のような場合に返されるステータスコードです。

404(Not Found【未検出】) => ページが見つからない
410(Gone【消滅】) => ページが永久に削除された

404は、
例えば、
・ページのURLを打ち間違えてしまった
・ページを誤って削除してしまった
場合などに返されるステータスコードです。

410は、
ページが永久に削除された場合に返されるステータスコードです。
つまり、要らなくなって意図的にページを削除した場合に返すようにすればいいです。

とはいっても、
ページを意図的に削除したであろう場合にも404が返ってくることが多々あります。

ページが削除された場合、
404410のどちらを返しても大差ないということらしいです。

因みに、
Googleも404410をほとんど同様(多少の違いはありますが)に扱っているようなので、あまり気にする必要はないようです。

一応、410を返すということは意図的に削除しようとしているので、インデックスから消えるのが早いようです。
要らなくなったんで、さっさと削除してしまいたい場合には、きっちり410を返すようにすればよさそうですね。

因みに、
WordPressでは「404.php」を作成することで、ページが見つからない場合には404エラーコードを返すことが出来ます。
で、もし410を返した場合にはプラグイン「410 for WordPress」を利用すると簡単に対応できます。

必要な方は、そちらを利用してみて下さい。

WordPress短期学習プログラム

関連記事

  1. テキストエディタ

    その他もろもろ

    WordPress テキストエディタから不要なクイックタグを削除

    テキストエディタからデフォルトのクイックタグを削除する方法…

  2. その他もろもろ

    Piwikのユーザーを追加

    Piwikではインストールじにルートアカウントを作成しますが、複数…

  3. 住所

    その他もろもろ

    フリーで使える住所データ『住所.jp』

    以前、フリーで使える沿線・駅データ『駅データ.jp』について紹介しまし…

  4. CMS(シーエムエス)

    その他もろもろ

    Drupal(ドルーパル)6.1をインストールしてみました!!

    今日は、Drupal(ドルーパル)をインストールしてみました。まず…

  5. その他もろもろ

    【新PCの設定】

    今日は新しく購入した会社のPCの設定を行っていました。…

  6. 健康診断

    その他もろもろ

    【2019年】今年も憂鬱な健康診断の時期です

    少し前の話しですが、今年も健康診断を受けてきました。全ての…

最近の記事

  1. CakePHP
  2. PHP(ピー・エイチ・ピー)
  3. PHP(ピー・エイチ・ピー)
  4. PHP(ピー・エイチ・ピー)
  5. WP:WordPress(ワードプレス)
  6. WP:WordPress(ワードプレス)
  7. WP:WordPress(ワードプレス)
  8. Security(セキュリティ)
  9. WP:WordPress(ワードプレス)
  10. WP:WordPress(ワードプレス)
PAGE TOP