PHP(ピー・エイチ・ピー)

PHP

【PHP】ini_setで設定できる内容のまとめ

ini_setで設定できる内容

PHPのini_setで良く行う設定をまとめてみました。

php.ini.htaccessと比べると設定できる項目は限られていますが、
大元のphp.iniを触りたくない!」「.htaccessを使用できない!」といった場合もあるので、
そのような場合にぜひ活用して頂ければと思います。

 

date.timezone

【説明】
タイムゾーンの設定を行います。

【使い方】
ini_set("date.timezone", "Asia/Tokyo");
これで、タイムゾーンを日本に設定でき出来ます。

 

display_errors

【説明】
PHPエラーの表示・非表示を設定します。
1(true)」を設定するとエラー表示、「0(false)」を設定するとエラー非表示になります。

【使い方】
ini_set("display_errors", 1);

 

error_reporting

【説明】
出力するPHPのエラーレベルを設定します。

【使い方】
全てのPHPエラーを出力する場合には、「E_ALL」を設定します。
ini_set("error_reporting", E_ALL);

設定できるエラーの種類は以下のページでまとめてくれています。
https://www.php.net/manual/ja/errorfunc.constants.php

【その他】
PHPのエラーレベルの設定は、以下のような書き方でも可能です。
例えば、全てのエラーを出力する場合
error_reporting(E_ALL);

「E_NOTICE」以外の全エラーを出力する場合
error_reporting(E_ALL & ~E_NOTICE);
とします。

 

memory_limit

【説明】
メモリの上限値を設定します。
上限設定を無くす場合(メモリを無制限にする場合)には「-1」を設定して下さい。

【使い方】
ini_set("memory_limit", "32M");

【注意点】
※「upload_max_file_size」と「post_max_size」はini_setでは設定できないので、注意して下さい。

 

log_errors

【説明】
エラーログを保存するかどうかの設定を行います。
保存する場合には「On」を、保存しな場合には「Off」を設定します。

【使い方】
ini_set("log_errors", "On");

 

error_log

【説明】
エラーログの保存先パスの設定を行います。
log_errorsとセットで使用することも多いです。

【使い方】
ini_set("log_errors", "On");
ini_set("error_log", "/log/error.log");

 

max_execution_time

【説明】
スクリプトが強制終了されるまでの最大時間の設定を行います。
時間は「秒単位」で設定します。

【使い方】
ini_set("max_execution_time", "60");

 

default_charset

【説明】
Content-Typeに設定するデフォルトの文字コードの設定を行います。

【使い方】
ini_set("default_charset", "UTF-8);

【注意点】
header()関数でContent-Typeを設定した場合には、そちらが優先されます。

 

mbstring.internal_encoding

【説明】
内部エンコーディングの設定を行います。

【使い方】
ini_set("mbstring.internal_encoding", "UTF-8");

 

mbstring.language

【説明】
mbstringで使用する言語を設定を行います。

【使い方】
ini_set("mbstring.language", "Japanese");

 

cookie_secure

【説明】
HTTPS通信時(SSL通信時)のみCookieの送信を可能に設定します。

【使い方】
ini_set("session.cookie_secure", 1);
session_start();

 

session.cookie_path

【説明】
Cookie(クッキー)を送信するパスの設定を行います。

【使い方】
ini_set("session.cookie_path", "/testdir/");
session_start();

 

cookie_httponly

【説明】
Javascriptからクッキーへアクセス出来ないように設定します。

【使い方】
ini_set("session.cookie_httponly", 1);
session_start();

 

その他

上記で説明した項目以外でも、時々ini_set()で設定を行うことがありますが、
めったにないです。

他にどのような項目の設定を行えるか確認したい場合には、
以下のページを参照して下さい。
https://www.php.net/manual/ja/ini.list.php
PHP_INI_ALL」となっている項目が、ini_set()でも設定を行える項目になっています。

WordPress短期学習プログラム

関連記事

  1. Security(セキュリティ)

    PHP

    PHP脆弱性対応:XSS(クロスサイトスクリプティング)

    今週の主な作業はお問い合せフォームの脆弱性対策(セキュリティー対策)で…

  2. PHP(ピー・エイチ・ピー)

    PHP

    Smarty modifier(修飾子プラグイン)

    以前、以下の様な記事を書きました。https://www.deep…

  3. サーバー設定

    PHP

    UbuntuサーバからPHP5.6を完全に削除

    UbuntuサーバにインストールしているPHP5.6を訳合ってアン…

  4. Security(セキュリティ)

    PHP

    PHP脆弱性対応 クリックジャッキング攻撃への対応

    セキュリティー対策には多くの対応が必要ですが、その対策の一つにクリ…

  5. PHP(ピー・エイチ・ピー)

    PHP

    PHP PDFファイルのアップロード機能を追加

    お客様から、既存システムにPDFファイルをアップロードする機能を追…

  6. PHP(ピー・エイチ・ピー)

    PHP

    【PHP】ucfirst()関数とucwords()関数

    英単語の1文字目を大文字に変換たまたま、英…

最近の記事

  1. PHP(ピー・エイチ・ピー)
  2. PHP(ピー・エイチ・ピー)
  3. WP:WordPress(ワードプレス)
  4. WP:WordPress(ワードプレス)
  5. WP:WordPress(ワードプレス)
  6. Security(セキュリティ)
  7. WP:WordPress(ワードプレス)
  8. WP:WordPress(ワードプレス)
  9. WP:WordPress(ワードプレス)
  10. アフィリエイト
PAGE TOP