MT(MovableType)

MTでPageButeというページ分割プラグインを使ってみた

今日は、久しぶりのMT案件を対応していました。

 

ページ分割が必要だったので、

PageButeというプラグインを利用させて頂きました。

 

1ページ目から順にindex.html、index_2.html、index_3.html、index_4.html、・・・・

と静的ページを作成して各ページ番号にリンクを貼ってくれるプラグインです。

 

使い方は簡単で、

まずプラグイン提供元のスカイアークさんのサイトからプラグインをダウンロードして、

解凍後に出来た「PageBute」ディレクトリをMTのプラグインディレクトリ(/plugins/)にアップします。
http://www.skyarc.co.jp/engineerblog/entry/2642.html

 

これでインストールは完了です。

 

あとは、ページ分割が必要なページのテンプレートに、

ページング用のコードを追加してやるだけです。

 

今回の案件では以下のようなコードを書いてやりました。

まず、
<MTPageContents count="5">に一ページ当たりに表示させる記事数を設定します。

 

次に、

<MTEntries lastn="0">でループさせて記事を表示させます。
※この際、lastn="0"またはlastn="999"としておきます。

 

</MTEntries>の上あたりに<$MTPageSeparator$>タグを入れるのも忘れないようにしてください。

 

あと、

<$MTPageLists$>タグの「show_always="0"」は、

1ページしかない場合にページ番号を出力しないようにするための設定です。
※「show_always="0"」を設定していない場合、2ページ目以降が無くてもページ番号「1」を表示してしまいます。

 

というか、

細かい設定方法はスカイアークさんのサイトや他の利用者の方が解説してくれているので、

そちらを見た方が早いです。

 

とにかく、

ダイナミック・パブリッシング化していると使用できないですが、

静的ページを吐き出している場合にページングを設定するには、

非常に便利なプラグインです。

関連記事

  1. MTアンダースコア(下線)

    MT(MovableType)

    MTで_アンダースコアがハイフンになってしまう件

    記事投稿時に「出力ファイル名」に「sample_01」と設定すると、&…

  2. MT(MovableType)

    MTの記事をカスタムフィールドの値でソート

    今日は久しぶりにMTの案件をやっています。…

  3. MT(MovableType)

    久しぶりのMTインストールで。。。

    1年ぶりくらいにMTのインストールを行いました。こ…

  4. MT(MovableType)

    MTのダッシュボードにエラーメッセージが!!

    MTの管理画面に入ると、supportディレクトリに書き込みできま…

  5. MT(MovableType)

    <$MTEntryTitle$>の不要なHTMLタグを削除

    MTを使ってブログを書いている場合、エントリー(記事投稿)時に入力…

  6. Perl

    MT(MovableType)

    Image::Magickモジュールのインストール

    今日は弊社で構築したWEBサーバにMTをインストールしたのですが、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. JavaScript
  2. バージョンアップ
  3. JavaScript
  4. セキュリティー
  5. JavaScript
PAGE TOP