SEO(エスイーオー)

SEO

HTTPS通信(SSL化)することによるSEO上の効果を検証してみる!!

昨年、GoogleがHTTPS通信(常時SSL通信)されたページをSEO上優遇する、

といったような事を発表したのは、

WEBに関わる仕事をされている方はご存じだと思います。

 

弊社では、

お問合せフォームやログイン認証画面などでHTTPS通信設定を行う事は良くありますが、

全ページ常時HTTPS通信設定を行うといった案件はほとんど対応してきませんでした。

 

そこで、遅ればせながら、

本当にSSL化することでSEO上優遇されるの!?かを検証する為に、

取り敢えずこのブログをHTTPS通信でやり取りするようにしてみました。

 

ただ、

面倒な作業は行いたくないので、

.htaccessに以下の様な記述を追加して対応する事にしました。
=============================================================================
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://www.sample.com/blog/$1 [R=301,L]
=============================================================================

こうしておけば、

非SSL通信のURL「http://~」にアクセスされても、

強制的に「https://~」で始まるURLに飛ばしくれるので、

便利です。

 

他にも方法はありますが、

http://~」で始まるページと、

https://~」で始まるページが混在していると、

URLが分散してしまうのではないかという懸念もあり、

念の為、それを避けるためにも、

.htaccessを使うのが一番楽かなと思います。
※URLが分散してしまうのはSEO上も良くないので。

 

Googleも「.htaccessを使った方法による悪影響はほとんどない」としている

といった記事も見掛けたので、

取り敢えず、これで一旦様子見です!!

WordPress短期学習プログラム

関連記事

  1. SEO(エスイーオー)

    SEO

    【SEO対策】ページを数十秒でインデックスさせる方法

    新規に作成したページを即インデックスさせることや、変更を加えた…

  2. SSL(HTTPS)

    SEO

    htaccessを使って、SSL通信を強制化

    ここのところ、毎週のように常時SSL通信化の設定案件が発生していま…

  3. SEO(エスイーオー)

    SEO

    動的ページの擬似静的化はSEO的に意味あるの?

    動的に作成したページのURLを静的ページに見せ掛ける処理って、…

  4. SEO(エスイーオー)

    SEO

    ブラウザによって検索順位が違うのは「パーソナライズド検索」が原因!?

    パーソナライズド検索全く同じキーワードで検索しているの…

  5. WP:WordPress(ワードプレス)

    SEO

    インデックスされるのが遅いんで、PuSHPressを試してみた

    WordPress PuSHPressでリアルタイムでインデックス…

  6. SSL(HTTPS)

    SEO

    HTTPS通信設定後に必要な作業

    Googleがサイト全体の常時SSL通信を推奨し始めてから何年も経ちま…

最近の記事

  1. CakePHP
  2. PHP(ピー・エイチ・ピー)
  3. PHP(ピー・エイチ・ピー)
  4. PHP(ピー・エイチ・ピー)
  5. WP:WordPress(ワードプレス)
  6. WP:WordPress(ワードプレス)
  7. WP:WordPress(ワードプレス)
  8. Security(セキュリティ)
  9. WP:WordPress(ワードプレス)
  10. WP:WordPress(ワードプレス)
PAGE TOP