PHP

PHP

CodeIgniter データベースキャッシュ機能を利用

現在、

CodeIgniterを利用してシステムの開発を行っています。

 

それで、

大量のマスターデータを保存したデータベース(テーブル)から、

データを取得する処理が含まれるのですが、

毎回アクセスの度にデータベースにアクセスするのは勿体無いので、

キャッシュを利用したいですよね。

 

そんな場合は、

CodeIgniterには、

=============================
$this->db->cache_on();
=============================

が用意されています。

 

弊社は不動産業者さんのホームページを作成する機会が多いので、

沿線・駅データを扱う機会が多いです。

 

例えば、

沿線と駅のデータを保存したテーブルから、

特定の沿線に紐づく駅の一覧を取得した場合、

====================================================================
select * from trainテーブル where railwayline_cd = 沿線コード
====================================================================

というようなSQLクエリを実行させると思いますが、

駅なんてものは頻繁に増えたり減ったりするものではないので、

キャッシュを使ってやった方がいいです。

 

その場合には、

====================================================================
$this->db->cache_on();
$query = $this->db->query("select * from trainテーブル where railwayline_cd = 沿線コード");
====================================================================

とすれば、

キャッシュの利用が可能になります。

 

逆に、

頻繁に更新が行われるようなテーブルからデータを取得する場合には、

キャッシュが残ってしまうとマズイですね。

 

その場合には、

=============================
$this->db->cache_off();
=============================

を利用すれば、

キャッシュ機能をオフにする事が出来ます。

 

なので、

1つのスクリプトファイルの中で、

「ほとんど更新の無いテーブルからのデータ取得処理」

「頻繁に更新が行われるテーブルからのデータ取得」

が混在する場合には、

みたいなコードを書いてやれば、

多分OK!!

です。

 

あとは、

/application/config/database.php

の「cachedir」にキャッシュ用のディレクトリのパスを指定しておけば、

キャッシュが保存されていきます。

 

因みに、

database.phpの「cache_on」を「on」にしておけば、

デフォルトでキャッシュ機能をオンにしておくことも可能です。

弊社では、以下の方に向けて、WordPressの短期学習プログラムを
格安で提供しております。

  • 個人でWordPressを使ったサイト構築をお考えの方
  • 自社でホームページの構築・運用をお考えの方
  • 企業のWEB担当者の方

内容

基本的には、初心者の方を対象にした学習プログラムです。

※ WordPress制作の上級者の方の場合、弊社の学習プログラムはあまり役に立たないと考えています。

  • ・ WordPressのインストールからセッティングの方法
  • ・ WordPressのテーマ選びについて
  • ・ WordPressのプラグイン選びと設定方法について
  • ・ サーバの準備方法
  • ・ ドメインの取得・管理の方法
  • ・ FTPの設定方法
  • など

ご用意頂くもの

  • ・ ノートPC
    ※ 弊社はWindowsを業務で利用しておりますので、できればWindowsのPCをおすすめしています。
  • WordPressでサイトの制作を考えているが、何から始めればいいのか分からない。
  • ドメインやサーバはどうやって準備すればいいの?
  • そもそもホームページの公開には何が必要なの?

などなど、

どのような内容でも構いませんので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お客様の目的をお聞きした上で、最適の学習プランを提案致します。

ご興味のある方は、以下の内容を記載の上、一度お問い合わせ下さい。
こちらより、折り返しメールを致します。

  • ① お名前
  • ② 折り返し先のメールアドレス
  • ③ 希望の学習内容

関連記事

  1. xampp07

    PHP

    【新PCの設定④】XAMPPの設定

    続いて、XAMPPのインストールです。http…

  2. データベース

    PHP

    【phpPgAdmin】php-pgsqlをインストール

    phpPgAdminをインストール後に、ブラウザから管理画面にアク…

  3. PHP

    PHP

    【PHP】数字を指定の桁数にフォーマット(0埋め)

    PHPを使って、数字を指定した桁数にフォーマットする方法数…

  4. PHP

    PHP

    nl2br()を使って改行

    PHPで改行を含む文字列を出力する際には、nl2br()を使って改…

  5. PHP

    PHP

    implodeで配列を分解して任意の文字で結合する

    最近はPHPにもすっかり慣れてしまい、参考書を見ることもすっかり減…

  6. MySQL

    PHP

    プレースホルダ(プリペアド・ステートメント)

    私が入社する前に外注先に組んで貰ったかなり古いプログラムになるのですが…

最近の記事

  1. WordPress(WP)
  2. 404 Not Found
  3. WordPress(WP)
  4. WordPress(WP)
  5. PHP
  6. PHP
  7. 風邪予防
  8. WordPress(WP)
  9. PHP
  10. 宅建
PAGE TOP