エンジニア足立のコーディング日記

エンジニア足立のコーディング日記

ブログトップ >> 『その他もろもろ』の記事一覧 >> htaccessを使って、SSL通信を強制化

htaccessを使って、SSL通信を強制化

公開日:
この記事を読むのに掛る所要時間: 18

ここのところ、

毎週のように常時SSL通信化の設定案件が発生しています。

 

「https://~」と「http://~」が混じってしまうのはあまり良くないので、

弊社では、

.htaccessを使って強制的にSSL通信(HTTPSへのリダイレクト)を行うように設定してしまいます。

 

記述内容は、

以下になります。

あとは、

この.htaccessをドキュメントルートのトップにアップすれば、

もし、

「http://~」にアクセスされても、

「https://~」に強制的にリダイレクトしてくれます。

 

以前はセキュリティー強化の目的での導入が多く、

結構いい値段だったので、

大手の業者さんくらいしか導入されませんでした。

が、

数年前にはGoogleが検索時有利になると発表したり、

格安のSSL(RapidSSLやFujiSSLなど)が多数出てきたりとか、

更には無償のSSL証明書の「Let’s Encrypt」が普及し始めたりと、
※さくらインターネットの共用サーバでも「Let’s Encrypt」を簡単に導入できるようになりました。

SSLの導入はますます進んでいきそうですね。

公開日:更新日:)  投稿者:
このページのTOPへ戻る

著者情報

足立 拓也(あだち たくや)
1980年生まれ。
出身:兵庫県丹波市。
趣味:ボクシングジム通い。
特技:歴史の話しをすること。