KUSANAGI(草薙)

サーバ

【KUSANAGI】プロビジョニング

前回の記事[ 【KUSANAGI】申し込み~初期設定 ]で初期設定まで完了したので、

次はプロビジョニングを行い、

WEBサイトを公開するまでのお話になります。

 

公開するWEBサイトは2サイトです。

実際のドメインをさらす訳にはいかないので、

①、1サイト目:http://sample01.com/ => WordPressサイト
②、2サイト目:http://sample02.com/ => WordPress以外(PHPで組んだフォームあり)で構築

としておきます。

 

それで、

プロビジョニングを行う前に、

先にDNSレコード(Aレコード)の設定を行っておき、

WEBサーバ(IPアドレス)とドメイン(sample01.comsample02.com)の紐づけを行ってやります。
※方法は別途調べてください
※後からでもいいのですが、先に設定しておいた方がいいと思います。

 

ここからが、

# kusanagi provision [オプション] 【任意のプロファイル名】

を実行して、プロビジョニングします。

 

オプションには、それぞれ

sample01.com => 「–WordPress」
sample02.com => 「–lamp」

を指定します。
※オプション「–lamp」はLAMP環境の事なので、「Linux + Apache + MySQL + PHP」という構成になります。

プロファイル名には、それぞれ

sample01.com には「sample01_html
sample02.com には「sample02_html

を指定することにします。

 

こうすると、

それぞれ
/home/kusanagi/sample01_html/DocumentRoot

/home/kusanagi/sample02_html/DocumentRoot
のディレクトリが作成されます。

 

それでは、

■まずは、[ http://sample01.com/ ]の設定からです。

# kusanagi provision –WordPress sample01_html

WordPressインストール時の言語を選択します↓
WordPressインストール時の言語を選択

ホスト名を設定します↓
ホスト名の設定

Let’s Encrypt(無料SSL)を設定します↓
※メールアドレスを入力します(確認の為、2回入力します)
Let’s Encryptの設定
※確認の為、2回入力します
※Let’s Encryptを使用しない場合には、何も入力せずにenterでいいらしいです。

 が、折角なんでインストールしておいた方がいいです。

データベース名を設定します↓
データベース名の設定
※確認の為、2回入力します

データベースのユーザー名を設定します↓
データベースのユーザー名の設定
※確認の為、2回入力します

データベースユーザーのパスワードを設定します↓
データベースユーザーのパスワードの設定
※確認の為、2回入力します

プロビジョニングの完了です↓
プロビジョニングの完了

 

■次は、[ http://sample02.com/ ]の設定です。

# kusanagi provision –lamp sample02_html

ホスト名を設定します↓
ホスト名の設定(LAMP)

Let’s Encrypt(無料SSL)を設定します↓
※メールアドレスを入力します
Let’s Encryptの設定(LAMP)

データベース名を設定します↓
データベース名の設定(LAMP)

データベースのユーザー名を設定します↓
データベースのユーザー名の設定(LAMP)

データベースユーザーのパスワードを設定します↓
データベースユーザーのパスワードの設定(LAMP)

プロビジョニングの完了です↓
プロビジョニングの完了(LAMP)

 

ここまでの設定が完了すれば、

実際に各サイトにアクセスしてみます。

まずは、 https://sample01.com/ にアクセスしてみます

以下の様にWordPressのインストール画面が表示されれば、OKです↓
WPのインストール

あとは、通常通りインストールを進めていけば、

サイトを公開できるようになります。

 

次は、 http://sample02.com/ にアクセスしてみます

と言っても、何もファイルを作成していないので、

このままだと何も表示されません。

# vi /home/kusanagi/sample02_html/DocumentRoot/index.php

として

<?php echo “テストです!!”; ?>

と記述してみてください。

で、サイトにアクセスしてみて「テストです!!」と表示されれば、OKです!!

 

この後は、

勿論、脆弱性の対応などを行う必要がありますが、

取りあえずの公開設定は完了です。

 

因みに、

もし何らかの理由で作成したプロファイルを削除する場合には、

# kusanagi remove -y 【プロファイル名】

とします。

初めての設定の場合には試行錯誤しながらの作業になるので、

一から構築し直した場合もありますね。

その場合は、

上記で一度削除してから、

もう一度プロビジョニングして下さい。

 

上記のように「-y」を付けると、

プロファイル、設定ファイル、データベースをすべて削除します。

もし、データベースなどを残したいなどと言う場合には、

# kusanagi remove 【プロファイル名】

とすれば、

対話形式で進めてくれます↓
プリファイルを削除

 

関連記事

  1. Apache

    サーバ

    ‘ServerName’ directive globally to sup…

    Apacheを再起動しようとすると、AH00558: httpd:…

  2. サーバ

    scpコマンドでファイル転送

    弊社のサーバー移転も少し落ち着いて来ました。とはい…

  3. リダイレクト設定エラー

    サーバ

    iCLUSTAサーバでリダイレクト設定エラー

    GMOクラウドのiCLUSTAサーバを利用しているサイトでの話です。…

  4. WordPress

    WP(WordPress)

    WP パーマリンク設定に必要な.htaccessを有効化!!

    WordPressを使ってブログを構築して、パーマリンクの設定を「…

  5. GoLand

    サーバ

    go言語

    今日は少し時間に余裕があったので、遅ればせながら、go言語を少…

  6. MySQL

    サーバ

    [CVE-2016-0639] MySQLの脆弱性

    利用しているサーバにインストールしているMySQLのバージョンに、…

最近の記事

  1. PHP
  2. Python
  3. Python
  4. PHP
  5. 宅建
PAGE TOP