WordPress

WP(WordPress)

プラグイン「WP Basic Auth」で公開ページにベーシック認証を設定

個人のメモ書き用にインストールしているWordPressがあるのですが、

なぜかGoogleにインデックスされてしまっていました。

 

勿論、管理画面「設定」メニュー → 「表示設定」の

検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする

にはチェックを入れていました。

 

他人に見られても問題の無い内容のページなので放置していても問題はないのですが、

人様に見せるようなページでもないので、

今回はベーシック認証(BASIC認証)でも掛けて見れないようにしておきます。

 

WordPressの場合には「WP Basic Auth」というプラグインがあるので、

これを使えば簡単に認証を設定できます。

 

方法は、

「プラグイン」メニュー → 「新規追加」から「WP Basic Auth」を検索してインストール

プラグインを有効化

でOKです。

 

特別な設定などは必要ないので、

これでユーザー公開ページにアクセスするとベーシック認証が掛かっていると思います。

こんな風に↓↓
ベーシック認証

認証時の「ユーザー名」と「パスワード」には、

WordPress管理者の「ユーザー名」と「パスワード」がそのまま設定されます。

 

簡単ですね!!

 

開発途中のサイトにも通常ベーシック認証を掛けると思いますが、

その場合にも簡単に設定できるので、

今後も活用していきたいですね。

関連記事

  1. WordPress
  2. WP(WordPress)

    GMOクラウドのVPSサーバーへWPをインストール

    GMOクラウドのVPSサーバーを借りてWordPressをインストール…

  3. WordPress
  4. WordPress
  5. WordPress

    PHP

    WPの記事インポートで画像のサムネイルが作成されない!!

    WordPressに記事をインポートしてみたのですが、どうも記事の…

  6. WordPress

    WP(WordPress)

    WP ZIPファイルからプラグインをインストール

    ダウンロードしたZIP形式のファイルからプラグインをインストールしてみ…

最近の記事

  1. PHP
  2. Python
  3. Python
  4. PHP
  5. 宅建
PAGE TOP