エンジニア足立のコーディング日記

エンジニア足立のコーディング日記

ブログトップ >> 『Perl』の記事一覧 >> Perl CGIで500エラー(Internal Server Error)

Perl CGIで500エラー(Internal Server Error)

公開日:
この記事を読むのに掛る所要時間: 15

先日お客様からの依頼でサーバ移管を行っていた際のお話です。

 

何年も前にPerlで組まれたプログラムがのっかっていたので、

そちらも新サーバ側に移行してテストしてみると、

500エラー(Internal Server Error)が出てしまいました。
Perl 500エラー

 

CGIファイルなので権限(属性)は「755」に変更済みです。

 

Perlは以下のバージョンがデフォルトで入っています。

# perl -v
===========================================
This is perl 5, version 16, subversion 3 (v5.16.3) built for
===========================================

 

原因はすごく単純で、「perl-CGI」が入っていないことでした。

こいつが無いと、

PerlをCGIとして実行してやれないみたいです。

 

なので、

# yum install -y perl-CGI

としてインストールします。

 

これで問題なく動作するようになりました!!

公開日:更新日:)  投稿者:
このページのTOPへ戻る

著者情報

足立 拓也(あだち たくや)
1980年生まれ。
出身:兵庫県丹波市。
趣味:ボクシングジム通い。
特技:歴史の話しをすること。

カテゴリー