エンジニア足立のコーディング日記

エンジニア足立のコーディング日記

ブログトップ >> 『データベース』の記事一覧 >> MySQL テーブルのカラムの位置を変更

MySQL テーブルのカラムの位置を変更

公開日:
この記事を読むのに掛る所要時間: 144

本日は弊社の社内システムで使用しているデータベース(MySQL)の整理です。

 

で、今回整理を行ったデータベースは、

複数の人間が無造作に項目を追加してしまっているということもあり、

各カラムの並び順がごちゃごちゃになっていました。

 

なので、

この機会にその辺も整理してやることにしました。

 

その際の変更用SQLのメモ書きです。

 

カラムの位置を移動させる場合のSQLは以下のように書きます。

ALTER TABLE テーブル名 MODIFY カラム名(移動させるカラム) 諸々の定義(型やデフォルト値など) AFTER カラム名;
※「AFTER」の後ろに設定したカラムの後ろに移動することになります。

 

例えば、

ALTER TABLE sample_table MODIFY user_name INT(1) NOT NULL DEFAULT 0 AFTER user_id;

とすれば、

「sample_table」テーブルの「user_name」カラムが「user_id」カラムの後ろに移動します。

 

簡単ですね。

 

と言ってテーブルの内容を変更すということは、

何か問題が発生した場合を考えると恐いので、

出来れば行いたくないものです。

 

初期の段階でしっかりとルールを決めて運用しておくと、

こんな無駄な作業が発生しなくて済んだので、

ここは今後に活かしていきたいですね。

 

それと、

作業前には必ずDBのバックアップを取っておいて、

かつ、

変更後は中に入っているデータ自体には影響が出ていないことも確認してください。

 

因みに、

カラムを先頭に移動させる場合には、

ALTER TABLE テーブル名 MODIFY カラム名(移動させるカラム) 諸々の定義(型やデフォルト値など) FIRST;

とすれば、

OKです。

公開日:更新日:)  投稿者:
このページのTOPへ戻る

著者情報

足立 拓也(あだち たくや)
1980年生まれ。
出身:兵庫県丹波市。
趣味:ボクシングジム通い。
特技:歴史の話しをすること。

カテゴリー