JavaScript

Javascript

setInterval()とsetTimeout()

Javascriptでタイマー設定する時に使用する関数にsetTimeout()があります。

 

こいつは、

こちらが指定した時間後にある関数を実行させたい時に使用します。

 

例えば、

setTimeout("alert('テスト')", 10000);
※1秒を1,000ミリ秒で指定するので、「10000」だと10秒になります。

 

とすれば、

10秒後にalert()関数が実行されて、ポップアップで「テスト」と表示されます。

 

勿論以下のようにすれば、alert()の様な既存の関数ではなくても実行できます。

 

これは10秒後に現在の時刻を表示してくれます。

 

ただし、

setTimeout()関数は1回実行すればそれで終わりです。

 

もし、

ある一定の時間間隔で繰り返し関数を実行させたい場合には、

setInterval()を使用します。

 

setTimeoutの部分をsetIntervalに変えて以下のようにすれば、

10秒毎に現在の時刻を表示してくれます。

 

実際に10秒毎にポップアップで時間を表示されても鬱陶しいので、

こんなプログラムを作ることはないと思いますが、

時々これらの関数を使うこともあるので覚えておくと役立つこともあります!!

関連記事

  1. JavaScript

    Javascript

    ajaxzip2からajaxzip3へ変えてみました!!

    弊社で日頃からお世話になっているライブラリーといえば、ajaxzi…

  2. JavaScript

    Javascript

    「jQuery ui Datepicker」の基本的な使い方

    先日フォームの作成依頼があった際に、日付欄はユーザーに直接…

  3. JavaScript
  4. JavaScript

    Javascript

    写真の右クリックコピーを禁止!!

    弊社は不動産会社様にホームページを提供する機会が多いのですが、その…

  5. JavaScript

    Javascript

    Yahoo!地図にコントロール追加

    Web APIを使って、Yahoo!地図にいくつかのコントロールを…

  6. JavaScript

    Javascript

    Google Maps API Ver.3 で地図を表示

    久しぶりにGoogleMap APIを利用しようとして、今更なんで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. PHP
  2. PHP
  3. 風邪予防
  4. WordPress(WP)
  5. PHP
  6. 宅建
  7. アンチWP
  8. 日本語ドメイン
  9. WordPress(WP)
  10. SSL(HTTPS通信)
PAGE TOP