Linux

データをZIPに固めて一括移動

サーバ移転の際に必ず発生するコンテンツ移動についてです。

 

例えば、

サーバのドキュメントルートが

移転元(旧サーバ):/var/www/html
移転先(新サーバ):/home/sample/www

だとします。

 

まず、TeraTermなどで移転元サーバにログインして、

# cd /var/www

で、ドキュメントルートの一階層前のディレクトリに移動します。

 

それで、

まずは「html」ディレクトリをzipコマンで圧縮します。

# zip -r html.zip html
「zip オプション zipファイル名 圧縮元」

オプションに「-r」を付けることで、ファイルとディレクトリを再帰的に圧縮してくれます。

 

次に、以下の操作で移転元サーバから移転先サーバへ圧縮したhtml.zipを送ります。

 

# rsync -av /home/sample/html.zip 移転先のユーザーID@ホスト名:/home/sample
※ドキュメントルート「/home/sample/www」ではなく、ドキュメントルートの一階層前のディレクトリ「/home/sample」に送ってやります。

 

ここで移転先ユーザーIDに対するパスワードを聞かれるので、

正確に入力してやればファイルの移動が完了です。
※移動データの容量が多いとここで多少時間がかかります。

 

で、

後は移転先サーバに入って、

移転先サーバにコピーされてきたhtml.zipを以下のコマンドで解凍してやります。

 

# cd  /home/sample

で、ドキュメントルートの一階層前のディレクトリに移動し、

# unzip html.zip

で、ZIPに固めたファイルを解凍してやります。

 

最後に、

# mv html www

として解凍された「html」ディレクトリを「www」にリネームすれば完了です。

 

以前はサイトのサーバ移転をする際には、

ZIPに固めずに一旦自分のPCのローカルにダウンロードしてきてから新サーバにアップしなおしていたので、

それを考えるとかなりの時間短縮になりますね!!

関連記事

  1. Linux

    rm find 日数指定でファイルを一括削除

    最近、linuxコマンドを操作する機会が増えたので、メモ書き程…

  2. Linux

    「df コマンド」「du コマンド」でサーバの使用容量を調査

    サーバのディスク使用量を調べる場合のLinixコマンドですが、つい…

  3. Linux

    cpコマンド 再帰的にディレクトリーをコピー

    cpコマンドを使ってディレクトリをコピーしようと思い、# cp s…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. PHP
  2. Python
  3. Python
  4. PHP
  5. 宅建
PAGE TOP