PHP

PHP

【PHP】substr()を使って郵便番号を「3桁 - 4桁」に変換

PHPでの郵便番号の取り扱いについて、

メモ程度に情報を残しておきます。

 

弊社では郵便番号と紐づけてデータベースから住所を引っ張ってくるといった処理をよく実装するのですが、

検索時に、

郵便番号にハイフン(-)を入れて検索される方と

数字のみ7桁で入力される方がいらっしゃいます。

 

データベースにはハイフン(-)ありで保存してあるので、

数字7桁の場合には、

「3桁 - 4桁」に変換する必要があります。

 

そのような場合には、

substr()を使って郵便番号を前半3桁、後半4桁に分けてからハイフン(-)でくっ付けてやれば簡単です。

 

こんな感じです↓

もし、

逆にハイフン(-)を削除したい場合には、

とすればOKです!!

 

因みになんですが、

こちらのブログではかなりおおざっぱに説明しています。

実際には、

全角・半角を気にせず入力されたり、

数字・ハイフン以外を入力されたり、

ハイフンの位置がおかしかったり、

など、

いろいろな文字列を入力されてしまうことが予測できます。

システムを実装する際には、

その辺の細かな対応も必要になってきますね。

関連記事

  1. PHP

    PHP

    CakePHP

    久しぶりにCakePHPを使っての開発を行なっているんですが、いつ…

  2. PHP

    PHP

    久しぶりのsmartyです!!

    今日はSmartyを触りました。と言っても、作業内容は…

  3. PHP

    PHP

    PHPで切り捨て、切り上げ、四捨五入

    プログラミングをしている時に、何らからの計算処理をすると小数点以下…

  4. PHP

    PHP

    PHP脆弱性対応 クリックジャッキング攻撃への対応

    セキュリティー対策には多くの対応が必要ですが、その対策の一つにクリ…

  5. PHP

    PHP

    array_unique()関数で配列の重複データを削除

    重複したデータが配列の中に存在する場合、array_unique(…

  6. PHP

    PHP

    「PHPINIDir」でphp.iniのパスを指定

    php.iniを修正したのですが、Apacheの再起動までちゃんと…

最近の記事

  1. PHP
  2. PHP
  3. 風邪予防
  4. WordPress(WP)
  5. PHP
  6. 宅建
  7. アンチWP
  8. 日本語ドメイン
  9. WordPress(WP)
  10. SSL(HTTPS通信)
PAGE TOP