キューバ インターネット(Wi-Fi)事情

Wi-Fi アイキャッチ

公開日:

キューバのインターネット事情

日本のインターネット事情になれてしまうと、

キューバではかなり不便に感じてしまいます。

が、使えない訳ではないです。

観光客が使いたい場合には、3パターンが考えられます。

 

①、専用のWi-Fiカードを購入する。 ※これが一番手っ取り早い方法です。

1.5CUC1時間使えるカードが販売されています。
※ETECSA(エテクサ)という会社のオフィスで販売されています。

勿論、Wi-Fiが飛んでいる場所でないと使えません。
・ハバナだと「セントラル公園付近」や「アルマス広場」
・サンティアゴ・デ・クーバであれば、「セスペデス広場(アスンシオン聖堂の前)」
で使えました。

ただし、販売所は4時を過ぎると閉まってしまうので、注意が必要です。

その場合には、2.5~3CUCくらいと値段は上がってしまいますが、

販売所のオフィスの前で販売している人がいるので、

その人達から購入できます。

※この方たちは、自分たちが1.5CUCで購入したものを2.5~3CUCで販売しているそうです。
 勿論、生活の為に仕入れて販売しているので、2.5~3CUCくらいであれば言い値で買いましょう。
 それ以上の金額であれば、多少は値切ってもいいと思います。
※あと、時間内でも販売所内はかなり混んでいるらしいので、購入するまでが大変とのことでした。
 日本円にするとそれ程の金額ではないので、
 時間を買うという意味でも2.5~3CUCくらいで購入した方がいいかと思います。

そして、Wi-Fiカードはこちらです。
Wi-Fiカード

Wi-Fiカードの裏面

裏面の銀色の部分(「CLAVE PASSWORD」と記載されている部分)を削れば専用のパスワードが現れるので、
そのパスワードをWI-Fi接続後に入力すればインターネットが出来ます。

 

②、ホテルで使用する。

高級ホテルであればフリーで使えるところもあるらしいですが、

普通のホテルであれば、

まだまだ使えないとのことでした。

勿論、カーサも使えるところはまずないと思います。

 

③、無料でWi-Fiを使える場所を探す。

無料で使用できるWi-Fiスポットが解放されているらしく、その情報が地球の歩き方に乗っていたと思います。
※今回私は使わなかったので、詳しいことは分かりません。

 

で、

実際に経験してみた感覚で言えば、正直、速度はかなり遅いです。
※Facebookに記事(画像3枚と多少のテキスト情報のみ)を上げたのですが、
 それでも容量が大きすぎるのか、途中に何度かネットか落ちたりして、結局30分程かかりました。

あと、使える場所も少ないので、その点でも不便です。

これから速度も使い勝手も改善されていくと思いますが、

現状は、そういったアナログな環境も含めてキューバの楽しみ方なのかもしれません。

 

因みに、

キューバに住んでいる日本人の方に聞くと、

電話回線を引いていれば一般家庭でもインターネットを引けるのではないかとのことでした。

ただ、

値段もまだまだ高いようですし、

普及はしていないとのことです。

最近の記事

  1. PHP
  2. Python
  3. Python
  4. PHP
  5. 宅建
PAGE TOP